植物レッドデータブックCOMPLETE

もっと詳しく見てみよう

レッドデータブックの発行年

日本初は、NPOが作成

・ここには登録していませんが、日本初のレッドデータブックは、1989年(平成2年)の「我が国における保護上重要な植物種の現状」。

・発行元は、自治体や学会ではなく、自然環境の保全活動で知られる、財団法人 日本自然保護協会と世界自然保護基金ジャパン。

国+全都道府県で発行済み(図1)

・国(=環境省)は、2000年(平成2年)に発行。 2007年8月に最新レッドリストを公表 → 誤字が多かったので10月に再公表。

・地方版は、神奈川、兵庫、広島が1995年に先陣を切り、2007年12月現在、47都道府県で発行済み(100%)。

2000年以降どんどん発行(図1)

・2000年(平成12年)までは、神奈川、兵庫など8都県のみ(17%)。

・2000年から2004年までの5年間は、毎年6,7道府県が発行。

第2版の発行始まる

・2003年(平成15年)から、改訂版もしくは第2版の発行が始まる。先陣は、千葉、兵庫、広島。

・平成21年4月現在、20%にあたる国と9県(国を入れて48RDB中)が改訂版を発行済み。

・平均改訂間隔は、7.8年。(表1)

            (11)                
  凡例         北海道                
  初版         岩手                
  第2版       (8) 宮城                
          環境省 新潟 (7)   (7)          
          青森 岐阜 秋田 (6) 千葉          
          群馬 愛知 福島 兵庫 山形          
          石川 和歌山 富山 広島 福井   (4)      
(3)     (3)   滋賀 徳島 長野 岡山 静岡 (3) 青森      
神奈川     埼玉   大阪 福岡 京都 愛媛 島根 埼玉 神奈川 (2)    
兵庫 (1) (1) 千葉   高知 長崎 鳥取 佐賀 香川 栃木 沖縄 宮崎 (1) (1)
広島 沖縄 茨城 東京 (0) 宮崎 大分 山口 鹿児島 熊本 山梨 三重 環境省 奈良 愛知
95 96 97 98 99 00 01 02 03 04 05 06 07 08 09
図1 年別の発行件数

表1 レッドデータブック・レッドリストの発行年
地域 初版 第2版 改訂間隔
環境省 00 07 7
北海道 01    
青森 00 06 6
岩手 01    
宮城 01    
秋田 02    
山形 04    
福島 02    
茨城 97    
栃木 05    
群馬 00    
埼玉 98 05 7
千葉 98 04 6
東京 98    
神奈川 95 06 11
新潟 03    
富山 02    
石川 00    
福井 04    
山梨 05    
長野 02    
岐阜 01    
静岡 04    
愛知 01 09 8
三重 06    
滋賀 00    
京都 02    
大阪 00    
兵庫 95 03 8
奈良 08    
和歌山 01    
鳥取 02    
島根 04    
岡山 03    
広島 95 03 8
山口 02    
徳島 01    
香川 04    
愛媛 03    
高知 00    
福岡 01    
佐賀 03    
長崎 01    
熊本 04    
大分 01    
宮崎 00 07 7
鹿児島 03    
沖縄 96 06 10
平均 7.8
 

植物レッドデータブックCOMPLETE ホームページに戻る